くすみ肌 スキンケア

くすみ肌対策3つのポイント

シミと同様にくすみが気になる方も大勢いらっしゃいます。シミと違いくすみは 顔全体が黒ずんだり、血色が悪かったりと気づきにくいものですが、 特に目元、小鼻の脇、頬などが曇ってくることが多いようです。 顔色というのは対人関係上、第一印象を大きく左右する重要なポイントですよね。
くすみ肌対策やスキンケアで十分ケアして明るい元気な肌でいたいものです。
では、くすみ肌対策の3つのポイントを紹介します!

紫外線対策を!運転、外回りの人は美白ケアを!
紫外線を浴びやすい職業ならまずは紫外線対策を!ビタミンC入りの美白化粧品でケアすれば完璧。 たばこを吸う方はビタミン剤も併用!たばこはビタミンCを破壊します。
ビタミンC入り美容液でメラニンを予防
くすみ肌が気になる場合は、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品がオススメ。 シミになる前にメラニンを作らせないことが重要です。当サイトではデルメッドが人気です。
汚れくすみにはノンオイルクレンジングがオススメ!
意外に多い汚れくすみ肌、これはもうメイク汚れが原因です。メイク汚れはくすみだけじゃなく 毛穴の開き、黒ずみの原因になります。オイルフリーのクレンジングで毛穴を洗いましょう。

あなたのくすみ肌はどっちのタイプ?

くすみ肌の原因には大きく分けて2つあります。

 

一つは「紫外線によるくすみ肌」です。
顔全体が日焼けしたように黒くなるというのが紫外線によるくすみ肌の特長

 

次のようなタイプの人が要注意です!

  • ・UVケアをしていない(怠っている)人
  • ・外で働く機会が多い人
  • ・ビタミンCなど野菜類を食べない人
  • ・喫煙者

この紫外線によるくすみは紫外線が皮膚のコラーゲンやエラスチンを傷め
皮膚の表皮に凹凸を作るためにくすんで見えるのが特長。
対策としては、UV対策をきちんとすることに尽きます。
また、ビタミンCが含まれる美容液などを塗るのも効果的です。

 

もう一つは「汚れによるくすみ肌」
こちらは、乾燥肌の人に多くカサついた肌がうっすらと黒っぽくなるくすみです。
顔全体になる場合もあれば、目尻や頬のラインだけ黒ずむ場合もあります。

 

汚れくすみはこんな人が要注意です!

  • ・メイク汚れが完全に落とし切れていない
  • ・クレンジング洗顔をしていない
  • ・化粧を落とさないまま寝てしまう

 

この汚れによるくすみ肌の場合には、まずメイク落としが重要です。
でも、オイルクレンジングを使うのはあまり賛成できません。
なぜなら、オイルクレンジングはお肌に必要な油分までごっそり落としてしまい
肌が急激に乾燥してしまうからです。
急激に乾燥した肌は肌表面のバリア層を作るために
一気に皮脂を分泌しはじめます。
これが逆に毛穴の開きの原因となります。

 

 

なので、クレンジングはオイルフリーのものをおすすめします。
オイルフリーで人気があるのはあのIKKOさんも愛用しているアクアレンズです。
ノンオイルなのに毛穴の汚れはしっかり洗顔してくれて、
クレンジングに美容液が含まれているので
洗い上がりのつっぱり感もほとんどありません。
これ実は私も愛用している大好きなクレンジングです。
もしよかったら一度試してみるといいと思います。

 


肝斑(かんぱん)大特集 えっ、肝斑(かんぱん)は普通の美白化粧品は効かないの?
肝斑(かんぱん)チェックとその治療法は・・
肝斑(かんぱん)と普通の紫外線のシミとどう見分ければいいの?わたしのシミはどっちだろう・・もし肝斑(かんぱん)だったらどうすればいいの?そんなあなたに、肝斑(かんぱん)大特集はこちら!

目的別!美白化粧品選び

出来てしまった「シミ」を消す美白化粧品特集

出来てしまった「シミ」、どんどん濃くなる「シミ」に効果的な美白化粧品特集!早めの処置が肝心。

安くて「経済的」な美白化粧品特集

なるべく安くていい美白化粧品を探している方へ!安くてもちゃんと効果が期待できる美白化粧品特集


美白しながら「保湿」もできる美白化粧品特集

美白はしたいけど保湿も一緒にできたら・・という欲張りさんへ保湿もできる美白化粧品特集しました^^

「敏感肌」でも安心して使える美白化粧品特集

敏感肌から刺激的な美白化粧品は無理!あきらめないでください!敏感肌でも安心の美白化粧品特集!