かんぱん クリーム

かんぱんで皮膚科に行くべきか?

かんぱん,肝斑

かんぱんはれっきとした皮膚病ですから皮膚科に行って治療することはいいことです。ただ、多くの場合、トラネキサム酸の内服薬の服用と高濃度のハイドロキノンクリームでの治療です。
逆に言えばこれ以上の治療となるとレーザー治療になってしまうということです。

レーザー治療はお金もかかるし、医師の腕によるところも多くちょっと不安ですよね。最初からレーザー治療を勧めてくる場合はちょっと要注意です。

結論からいうと、かんぱんは自宅でも効果的な化粧品が市販されれいます

皮膚科でもらうハイドロキノンクリームの濃度は5%以上の高濃度
これは肌の弱い人にはかなり刺激の強い濃度。
もともとハイドロキノンという成分は刺激が強い美白成分なんです。

市販されているハイドロキノン入り美白成分は2%前後
病院では薬の処方は2週間程度ですから、最低でも月2回は病院に通わなければなりません
その手間を考えると市販されている美白化粧品で様子を見てみるのもひとつの方法だと思います。

経済的にも時間的にもその方が負担が少ないと思います。

かんぱんにビタミンC誘導体は効果が期待できません

かんぱんは市販の美白化粧品でも改善できるといいましたが、
成分によっては残念ながらかんぱんには効果がありません。
代表的な美白成分のビタミンC誘導体は紫外線が原因のシミには効果がありますが、
かんぱんのようなホルモンが原因のシミには効果がありません。
ホルモンが原因のシミに効果がある美白成分はハイドロキノンです。
では、ハイドロキノンはどんな美白成分なのでしょうか?

全てのシミに効果のある美白成分
ハイドロキノンという成分は、他の美白成分と違って紫外線以外のシミにも効果があります。例えばホルモンによるシミ、ニキビ跡などのシミやくすみにも有効な成分です。
アルブチンの100倍!最強の美白成分
ハイドロキノンは別名シミの消しゴムとか肌の漂白剤などとも呼ばれ、その美白成分はアルブチンの100倍と言われています。 美白化粧品に配合されている美白成分の中でも最強の美白効果をもつ成分です。
肌の弱い人は一度テストを!刺激が強い成分
ハイドロキノンはあらゆるシミに効果的でその美白効果は非常に強い反面刺激な強い成分。スポットで出来たシミだけにに使えるスポット美容液が売れています。一度トライアルセットで試してみるといいですね。

かんぱんにお勧めのハイドロキノン配合化粧品

では、かんぱんにお勧めのハイドロキノン化粧品をご紹介しましょう。
それはアンプルールです。
アンプルールはあのIKKOさんも愛用している美容のプロや芸能人に人気のブランド。その理由はアンプルールだけの特徴が2つあるからです。

 

ひとつはスポット美容液ということ。

 

スポット美容液というのは、シミができたところにだけ塗布するタイプの美容液なんです。ハイドロキノンはシミ消し効果は強いですが、その分刺激も強く人によると赤くただれてしまう人もいるほど。なので、シミの部分にだけスポット使用がもっとも安全なんです。

 

もうひとつの特徴は安定型ハイドロキノンを配合していること。



アンプルールを開発しているのは実は皮膚科医の高瀬先生です
ハイドロキノンが熱や酸化に弱い不安定な成分であることは十分知り尽くしています。そんな高瀬先生が開発したのが新安定型ハイドロキノン。
これはアンプルールだけの特徴です。


肝斑(かんぱん)大特集 えっ、肝斑(かんぱん)は普通の美白化粧品は効かないの?
肝斑(かんぱん)チェックとその治療法は・・
肝斑(かんぱん)と普通の紫外線のシミとどう見分ければいいの?わたしのシミはどっちだろう・・もし肝斑(かんぱん)だったらどうすればいいの?そんなあなたに、肝斑(かんぱん)大特集はこちら!

目的別!美白化粧品選び

出来てしまった「シミ」を消す美白化粧品特集

出来てしまった「シミ」、どんどん濃くなる「シミ」に効果的な美白化粧品特集!早めの処置が肝心。

安くて「経済的」な美白化粧品特集

なるべく安くていい美白化粧品を探している方へ!安くてもちゃんと効果が期待できる美白化粧品特集


美白しながら「保湿」もできる美白化粧品特集

美白はしたいけど保湿も一緒にできたら・・という欲張りさんへ保湿もできる美白化粧品特集しました^^

「敏感肌」でも安心して使える美白化粧品特集

敏感肌から刺激的な美白化粧品は無理!あきらめないでください!敏感肌でも安心の美白化粧品特集!