紫外線対策

紫外線対策は日焼け止めだけではシミの原因に・・

紫外線対策

紫外線対策は日焼け止めだけではダメ!

 

紫外線が一番多い季節は5月ですが、これはあくまで1年のうち最も多い時期という意味です。実は最も少ないといわれる冬の時期でも紫外線UV-Aの量は2分の1程度にしかなりません。

 

多くの方が春先から夏の間だけ日焼け止めを塗っていればシミにならないと誤解していますがそれはあまり正しい認識ではありません。

 

それともう一つ誤解があるようです。
紫外線は日焼け止めだけでは完全に防ぐことは難しいんです。

 

そもそも、日焼け止めが紫外線を防ぐメカニズムは、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンやメトキシケイヒ酸オクチルなどが紫外線を吸収し、金属の微粒子化合物が紫外線を肌の上で錯乱・反射させるというもの。全ての紫外線を通さないということはありません。

 

それにもう一つ大きな落とし穴があるのです
それは、日焼け止めは汗や皮脂などで落ちやすいため継続的な効果がないこと
つまり1日に何度も塗り直さないといけません。

 

そこでシミ予防や美肌維持にオススメなのは・・
日焼け止めに美白化粧品を併用すること。

 

特に美白化粧品に含まれるハイドロキノンなどの美白成分は
日焼け止めを通り抜けて紫外線が肌に入ってもメラニンを作らせない効果が期待できます。

 


紫外線対策に効果的な美白のポイントは・・

紫外線対策は日焼け止めだけでは不十分
日焼け止めはその効果は時間とともに薄れてしまいます。いくら塗り直しても化粧崩れしてしまいます。紫外線対策は美白化粧品も併用が大切です。
紫外線によるメラニンは毎日知らずに蓄積しています。
もっとも怖い潜在的なシミ、紫外線は毎日蓄積されています。メラニンの生成を抑え、出来はじめたシミを排出してくれる美白化粧品がオススメ!日焼け止めだけでは不十分です。
メラニンを強力に抑制、排出する美白成分
潜在的なシミや出来てしまったシミには、ビタミンC誘導体やアルブチンでは手遅れかも・・シミの漂白剤ハイドロキノンを寝る前に塗ることでシミを強力に分解、排出する効果があります
 

肝斑(かんぱん)大特集 えっ、肝斑(かんぱん)は普通の美白化粧品は効かないの?
肝斑(かんぱん)チェックとその治療法は・・
肝斑(かんぱん)と普通の紫外線のシミとどう見分ければいいの?わたしのシミはどっちだろう・・もし肝斑(かんぱん)だったらどうすればいいの?そんなあなたに、肝斑(かんぱん)大特集はこちら!

目的別!美白化粧品選び

出来てしまった「シミ」を消す美白化粧品特集

出来てしまった「シミ」、どんどん濃くなる「シミ」に効果的な美白化粧品特集!早めの処置が肝心。

安くて「経済的」な美白化粧品特集

なるべく安くていい美白化粧品を探している方へ!安くてもちゃんと効果が期待できる美白化粧品特集


美白しながら「保湿」もできる美白化粧品特集

美白はしたいけど保湿も一緒にできたら・・という欲張りさんへ保湿もできる美白化粧品特集しました^^

「敏感肌」でも安心して使える美白化粧品特集

敏感肌から刺激的な美白化粧品は無理!あきらめないでください!敏感肌でも安心の美白化粧品特集!