ビタミンC ピュアビタミンCの違い

ピュアビタミンCは肌に浸透しない!?

 

ビタミンC誘導体とピュアビタミンを比較してみました。

ピュアビタミンCの美白効果

ビタミンC,ピュアビタミンCグ,美白化粧品

ピュアビタミンC(以降ビタミンC)には美白作用、抗酸化作用など
肌によい成分たたくさん含まれています。ビタミンCは美白だけではなく,
皮膚内部でコラーゲンの合成を促進、保湿を促してくれるので
小ジワやたるみ防止にも効果があり、お肌のターンオーバーを正常にしてくれます。

 

そんないいことづくめなビタミンCですが、欠点もあります。
その最大の欠点がビタミンCは大変壊れやすく、肌にも浸透しにくいという性質です。
最近では、独自の浸透技術でピュアビタミンCを肌に浸透してくる化粧品もでてきました。

 

ロート製薬のオバジC10とビーグレンです。
ただ、オバジC10はピュアビタミンをデリバリーE成分で肌に浸透させるのですが、
このデリバリーEの成分エトキシジグリコールは合成界面活性剤の浸透剤なので
個人的には国際特許取得の浸透技術を使ったビーグレンの方をおすすめします。
ただ、どちらもビタミンC自体が酸化しやすいため、
開封後の保存は冷暗所でなるべく早く使いきるといいでしょう。

 



ビーグレン ピュアビタミンC美容液


ビタミンC誘導体の美白効果

美白化粧品の多くはこのピュアビタミンCにリン酸を結合させ、酸化されにくくしながら
肌へのなじみをよくするビタミンC誘導体を配合しています。

 

ピュアビタミンCには効果は劣りますが、肌への浸透もしやすく手軽で価格も安いことから
お肌の状況によって使い分けるのがかしこい使い方だと思います。
ただし、ビタミンC誘導体の中にはビタミンCと結合するリン酸が肌で分離せず
本来のビタミンCの効果を発揮できないものもあるようです。

 

ビタミンC誘導体を使った美白化粧品で有名なのが三省製薬のデルメッド
最近ではプラチナVCセラムも高浸透ビタミンCを配合して人気があるようです。

ブドウ糖結合型ビタミンC誘導体配合美白化粧品なら

<img src=

デルメッドはご存じ三省製薬の美白化粧品。
三省製薬プラセンタエキスやコウジ酸など80種類以上の美白成分を開発した美白成分を知り尽くした製薬会社。デルメッドの美白成分はその中でも三省製薬が自信を持って選んだ複合成分「ピュールブラン」。
このピュールブランはブドウ糖結合型ビタミンC、リキリチン、桑黄抽出液を絶妙の配分で配合した複合成分。まさにデルメッドの美白の核となる成分です。ピュールブランの効果は、チロシナーゼ合成・メラニン生成・メラニン成長をブロック!あらゆるシミの原因に対して強力なメラニン抑制効果を発揮します。
ラインで使うことにより、有用成分の浸透率が通常の1.7倍にもなるようです。

デルメッドの美白化粧品は、通常の美白スキンケアでトラブルが起こる敏感肌の人も安心して使えるという口コミが多いのも特徴です。

デルメッドは、こんな方にオススメです

  • ビタミンC誘導体配合の美白化粧品を使ってみたい
  • 乾燥肌・敏感肌で美白化粧品を探している方
  • 信頼できるメーカーの美白化粧品を使いたい

常に美白化粧品のパイオニアで有り続けるデルメッド!今ならトライアルセット1,575円で試せます



>>人気の美白化粧品をランキングにしました!<<


肝斑(かんぱん)大特集 えっ、肝斑(かんぱん)は普通の美白化粧品は効かないの?
肝斑(かんぱん)チェックとその治療法は・・
肝斑(かんぱん)と普通の紫外線のシミとどう見分ければいいの?わたしのシミはどっちだろう・・もし肝斑(かんぱん)だったらどうすればいいの?そんなあなたに、肝斑(かんぱん)大特集はこちら!

目的別!美白化粧品選び

出来てしまった「シミ」を消す美白化粧品特集

出来てしまった「シミ」、どんどん濃くなる「シミ」に効果的な美白化粧品特集!早めの処置が肝心。

安くて「経済的」な美白化粧品特集

なるべく安くていい美白化粧品を探している方へ!安くてもちゃんと効果が期待できる美白化粧品特集


美白しながら「保湿」もできる美白化粧品特集

美白はしたいけど保湿も一緒にできたら・・という欲張りさんへ保湿もできる美白化粧品特集しました^^

「敏感肌」でも安心して使える美白化粧品特集

敏感肌から刺激的な美白化粧品は無理!あきらめないでください!敏感肌でも安心の美白化粧品特集!